北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子犬を飼った飼い主さん、これから犬を飼おうと考えている人へ
2008年12月18日 (木) | 編集 |
子犬を飼った飼い主さん、これから飼おうと考えている

飼い主さん対象に、1日トレーニングを開催いたします。

子犬を飼ったらまず何をすべきか、社会化や

マナーを覚えさせる基本トレーニングについて、

卒業犬のデモンストレーション、

ワンポイント・レッスン、ゲームなど楽しい催しものをいっぱい

用意していますので、ご興味のある方は

是非ご参加ください。



「ワンちゃんのさいしょの一歩説明会」

日時: 2009年1月25日(日)午前11時~12時
場所: 高橋動物病院 4F 札幌市白石区菊水2-1-2-11
対象: 8-16週の子犬、これから子犬を飼おうと考えている飼い主さん
定員: 先着10頭まで
参加費: 1頭につき1,500円
お問い合わせ:
   高橋動物病院 011-811-1925
   アニマル・ベストフレンズ 011-573-3317

スポンサーサイト
“社会化”ではなく、“社会科”?????
2008年09月05日 (金) | 編集 |
私の東京にいる友人のまた友人のお話。

その人は2頭目のヨークシャテリアを探している飼い主さん。

彼女は1頭目のワンちゃんの社会化に失敗したと深く反省し、

2頭目は子犬の時からしっかり社会化すると

(注:子犬の一番大切な社会化時期は3~12週)

固く心に決めてブリーダーさんを探しています。

その人がブリーダーさんに電話して

「社会化はされていますか?」と質問すると

大抵のブリーダーさんから「母イヌと兄弟たちと一緒にいますよ。

他のこと?それは3ヶ月以上にならないとできません!!」

と言われてしまうとのこと。

終いには「学校の勉強ですか?!」と、

“社会化”ではなく“社会科”と勘違いしたブリーダーさんまで

出てくる始末だとか…。

というわけで、なかなか良いブリーダーさん、

子犬に出会えないでいるそうです。

ブリーダーさんのところにいる3週から子犬の社会化は

始まっているのにブリーダーさんがこのような認識では、

なかなか良い子犬は育たないですよね。

犬猫は物ではなく、命ある生き物なのですから

ブリーダーの責任として彼らを幸せにしてあげるためにも

しっかり勉強して欲しいと願います。


子犬の成長
2008年08月17日 (日) | 編集 |
パピーパーティ、パピークラス(ペットカウンセリング)

の実践を通して思うこと。

それは子犬って本当に成長が早いなということです。

約3ヶ月で予防接種が終わった子犬たちはものごとに興味津々。

ちょっとシャイはワンちゃんも1週目は飼い主さんの足元や

椅子の下に隠れて、他の人や子犬のアプローチを避けようと

固まっていますが、週を重ねるごとに少しずつ慣れて、

前に出てきては他の子犬のにおいをかごうとしたり、

他の人に寄ってくるようにもなります。

そしてコースが終わるころには、すっかり慣れて

他の犬たちと遊ぶ子犬もいるんです。



飼い主さんたちも自分のワンちゃんが明るく遊べるようになって、

とてもうれしそうな顔をしています。

私はそんな飼い主さん、ワンちゃんを見るのが大好きです。

要は社会化する機会を与えてあげること、そして無理やりではなく、

自主的に交流できるように飼い主さんがうまく誘導してあげる

ようにすれば、どの子犬もフレンドリーになれるんですね。

子犬の大切な社会化時期は3~12週。子犬が家にやってくるのは

8週。でもそれ以降6ヶ月くらいまでに飼い主さんが努力して

いろいろなタイプの人、犬、他の動物、環境に少しずつ会わせて

あげれば、子犬は人間社会に順応していきます。

そうすればどこに連れて行っても、吠えたり、噛んだりせず、

飼い主さんが犬と楽しく時間を過ごせるようになります。

それって犬との理想の生活ですよね。

犬猫との楽しい生活をするためには、飼い主さんも努力しなくっちゃ。

子犬を飼ったらまず社会化の努力をしてみましょう。


ドッグランは危険な場所!
2008年08月16日 (土) | 編集 |
子犬の社会化に当たって最も需要なのは、「適切な」方法で

できているかということ。

皆さんがよく社会化の場として足を運ぶドッグランですが、

ドッグランに行けば他のワンちゃんに慣れるというわけでは

ありません。

無理やり犬に慣れさせようと近づける飼い主さん、

自分の犬が追いかけまわされて嫌がっているのに

遊んでいると思って、笑ってそのままにしている飼い主さん

などをよく見かけます・・・。

ドッグランには攻撃的なワンちゃん、優位を示す行動をしたがる

ワンちゃん、怖がりで吠えるワンちゃんなどいろいろな

タイプのワンちゃんがいることもあります。

そうしたワンちゃんに追いかけ回されたり、吠えられたりすると、

犬=怖い存在となってしまう可能性があります。

特にシャイで、臆病なワンちゃんはそうなりやすいので

飼い主さんは要注意。

一度でも怖い経験をするとどの犬も警戒するようになり、吠える、

噛み付くの問題行動に発展することも少なくありません。

遊ばせる時はフレンドリーで落ち着いた犬を選び、自分の犬を

必ず監視して、怖がっている、嫌がっている様子ならすぐに

リードをつけて引き離す、抱っこすることが大切です。

そうなると犬のボディランゲージをよく勉強しないとわかりませんよね。

やはり犬猫と快適に暮らすには、飼い主側が勉強しないと・・・が

ポイントです。

安心して社会化させるにはパピーパーティ、パピークラスに

参加し、子犬の行動がしっかり読み取れる専門家の下で

行うようにしたほうがいいでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。