北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスの郵便屋さんVS攻撃犬
2009年02月10日 (火) | 編集 |
イギリスの犬の問題行動で最も多いのが、家族以外の人への攻撃行動。

中でも多いのは、見知らぬ来客への攻撃行動です。

この攻撃行動は、なわばり意識や人に慣れていない犬の恐怖心による

ものがほとんどです。どちらにしても彼らにとっては「敵」

制服を見慣れていない犬にとっては配達人はさらに敵。

最初はこれらの理由で警戒心から「あっちへいけ!」と吠えますが、

配達人は来てすぐに帰ってしまいますよね。

これが繰り返されると犬は自分が吠えたから敵は行ってしまった、

吠えるのは効果的と学習し、吠える行動はエスカレートしていく

わけです。

最初は警戒していたのが、自分が追い払ったと思い(吠えることが結局

犬にとってご褒美となる)、得意になって吠えるようになるんですね。

来客が来た時(インターホンで吠える)に犬が激しく吠えるのは、

このように学習してしまった行動によるものです。

あいさつしたくて興奮して吠える以外は。

ということで、イギリスで犬の標的になりやすいのが郵便配達人。

イギリスでは宅配はほとんどないので、毎日郵便を運んでくれる

彼らが犬にとって敵なのです。

野性味あふれる中型犬、大型犬が飼われていることが多いイギリス。

日課になっているなら、その時間になるとそわそわし、玄関先で

待っている犬も・・・。

郵便受けはだいたいドアについているので、犬は気配を感じたら

突進し、配達人が郵便を奥まで差し込むとその手に

ガブリ、飼い主がドアを開けたらいきなり飛びついて噛む

ことも少なくなりません。

ちなみにうちのコウタロウもイギリス滞在中は

ドアに付いている郵便受けの音が

少しでもしたら、ウーと言いながら突進していました(汗・・・)気まずい

郵便配達人にとっては毎日が深刻なバトルの日々。

そこでロイヤル・メール(イギリス国営郵便局)は

何と、スタッフ向けに攻撃的な犬にどう対処するかというセミナーを

定期的に開くことにしたのです。

さすがイギリス。問題意識も高いです。

内容まで詳しいことはわかりませんので、このセミナーが

配達人の役になっているかどうかは???ですが。

私が上記の状況でイギリスの配達人にアドバイスするとしたら・・・

ドアが郵便受けについている場合は、郵便物を入れる前に

おやつをいくつか入れてから郵便物を入れること。

それを繰り返すと犬は敵だと思っている相手を

「好きなものを持ってきてくれる人」と認識するようになり、

攻撃的な行動は少しずつ収まっていくと考えます。

配達人が玄関先に入る場合は、飼い主がどれだけ犬を

コントロールできるか次第なので、

まずは飼い主へのアドバイスということになるでしょう。

やり方がどうであれ、イギリスの郵便局全体が問題を深刻に捉えて

何とかしようと行動に移しているのがわかりますよね。

こういう姿勢、日本の社会にも行き渡って欲しいです。





スポンサーサイト
イギリス紀行(2) いつも自然体で
2008年11月21日 (金) | 編集 |
私がイギリスで生活をして素晴らしいと思ったのは、公園、美術館、

博物館、音楽会です。

街中にも広い公園があり、そこは人がのんびり自由に休養する場所。

そこに行くと一番気持ちが和んでリラックスできるのです。

この公園に関してはこの紀行シリーズで改めてお話したいと思います。

美術館、博物館、音楽会は歴史的な文化水準の高さが

感じられて、いつも感動してしまいます。

美術館、博物館は有名アーティストの特設展示会や展示品の数も多く、

スケールが大きい。そして無料。

お金がなくてもそういう芸術に触れることができるのは

イギリスならではのこと・・・自己を高める機会や、自由な発想の

基盤になっているんですね。

音楽会はクラッシックからオペラまで幅広く、また入場料も安い。

今回も時間を見つけてはギャラリー、美術館に通いました。

次から次へと出現するアーティストのへえーと驚くような

コンテンポラリー作品や、大好きな印象派の作品まで・・・

もっともっと見たいという気持ちになってしまいます。

公園、美術館、博物館、音楽会など、イギリスには

身近にゆったり過ごせる空間がたくさんある。

そこが私にとってイギリスで一番好きなところであり、

懐かしいと感じるところです。

そういう場所でイギリス人は心のゆとりを身につけるのでしょう。

この心のゆとりは・・・言い換えれば自分を大切にしつつも

人と程よい距離を持ち、尊重し合うイギリス人を形成し、

犬猫との生活にもそれが現れていると思うのです。

犬猫という動物を尊重し、飼い主としての責任を果たす。

いっしょに生活するパートナーとして自然に・・・

2008イギリスNGjpg
印象派の作品や宗教画、18世紀イギリス人画家の作品が展示されているナショナル・ギャラリー
イギリス紀行(1) ロンドンもスタイリッシュな街に
2008年11月19日 (水) | 編集 |
長らくご無沙汰してしまいました。

しばらくイギリスに滞在し、少し前に帰国しました。

イギリスでの経験を皆さんにシリーズでお伝えしていきたいと

思います。


毎年仕事、勉強を兼ねて訪れるイギリスですが、

今回特に感じたのは「うーん。ロンドンも少しは垢抜けしたな」

ということです。

ロンドンは人種のるつぼで、都会的なイメージがあるかもしれませんが、

特定のおしゃれな通りは除き、全体的には街も人も汚く、

いまいちあか抜けない人、お店というのが長く住んでいた私の印象

でした。

そこがまた田舎くさくて逆にとっつきやすく、好きだったんですけれど。

それが景気が良くなり始めた5,6年くらい前からおしゃれブティックや

小物店、カフェ、モダンブリティッシュと言われるようなレストランも増え、

今回はそれがさらに目に付きました。

昔はカフェというと、ポットで出す紅茶を売りにしていた店が

多かったのに、今では引き立てのコーヒーを出すスターバックスの

ようなチェーン店がどこにでもあり、若者が集まっています。

人もそれに伴っておしゃれになり、今まで若い女性は上から下まで黒が

ベースの服装だったのが、おしゃれなジーパンにブーツ、カラフルなバッグ

など、流行の先端を行ってるのです。

「へーえ。変わったもんだな」と感心するのと同時に、田舎っぽいところが

好きだった私にはちょっぴり寂しいロンドンでした。

おしゃれな格好をして自然に、さりげなく犬と歩く姿は、さすが「決まって

るね!」って感じで、街にはまっていましたよ。

その人がスタイリッシュでも犬が引っ張ったり、しつけられていないと

こうならないですものねー(笑)マルチーズ7

P1000004.女性と犬JPG
自然に歩く女性と犬

P1000045.花屋JPG
街角のおしゃれな花屋さん

P1000003.兄ちゃんと店JPG
カッコいい兄さんとおしゃれな店

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。