北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主の責任とは ~飼う前にすべきこと その1~
2008年10月17日 (金) | 編集 |
私が日本に帰国して改めて感じたのは、

イギリスの飼い主さんは‘犬猫のことを熟知している’のに対し、

日本の飼い主さんは犬猫をよく理解せずに飼っているのでは、

ということです。

言い換えると、イギリスの飼い主さんは何が飼い主の責任かを

認識しているからこそ、飼おうと思う動物のことを事前に勉強します。

一方、日本の飼い主さんはまだ衝動的に犬猫を飼うことが

象徴的なように、自己本位にしか動物を飼っていない人が

多いように見えます。

飼い主が自己満足で、他の人が飼っているから、かわいいから

など・・・。

犬猫を迎え入れるために必要なこと。

それはまず彼らがどういう動物かを知っておくことです。

異なった生き物が同じ住居で生活するのですから、

犬猫の本能、犬猫種の特性を勉強した上で、犬猫を選び、

彼らの要求に答えてあげる努力が必要です。

それが飼い主の責任であり、その努力をして初めて

犬猫との生活のスタート地点と言えるのではないでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。