北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主が攻撃的なら犬も攻撃的になる!☆ペンシルバニア大学の研究発表より☆
2009年03月16日 (月) | 編集 |
このたび、ペンシルバニア大学の獣医行動学研究室が

研究発表を行いました。

その発表とは「罰を使って犬にトレーニングを行うと、犬は

攻撃的になりやすく、逆にご褒美を使って自発的に

行動を起こすように誘導すると、攻撃的になりにくい」

というもの。

言い換えると、飼い主が犬に攻撃的に接すると、犬も

攻撃的になる傾向があるということです。

以前から欧米における行動学の分野では罰による学習よりも、

褒めて教える学習の方が犬そのものの特性を生かしながら

ストレスを与えずにできる、飼い主さんとの良い関係も構築できる

として推進されてきました。

それが今回の調査でさらに証明されたわけです。

以前に行動学者が行った研究でも罰によるトレーニングを受けた

66%の犬はその後攻撃行動を引き起こす結果となっています。

私の行動治療での経験上、犬の攻撃行動で多いのは、飼い主さん

家族への攻撃行動です。

抱き上げる、必要以上に撫でる、服を着せる、足を拭く、大切にしている

おもちゃや骨に近づく、休んでいる時に近づく撫でるなどの行動を

飼い主さんがした時に吠える、うなる、噛み付く行動を見せる:

犬にとって嫌もしくは怖いと感じることを飼い主さんがした時です。

日本では犬がそういう行動を取ったら「マズル(口まわり)をつかんで

にらむ、おなかを押さえてひっくり返す、鼻先をたたく」など

犬に恐怖を与えるような罰で対処するようにアドバイスしている

TVや本、ホームページなどがありますが、それは犬を一層怖がらせ、

攻撃行動を強めてしまう危険がありますので、十分気をつけましょう。

それよりも犬が攻撃を示すような行動は控えるようにし、もし攻撃行動を

見せたら完全無視し、しばらくひとりに放っておくようにした方が

効果はあります。

研究結果にあるようにパピークラスを探す場合は

トレーナーさんをよく調べて必ず褒めて教えるトレーニング法を

行っている教室に行くようにしましょう。

ペンシルバニア大学犬の行動研究について News

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。