北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬のストレスを考えよう!その1 散歩後の足拭き
2009年04月03日 (金) | 編集 |

すっかりご無沙汰してしまいました。

ずいぶん雪は溶け、春らしいお天気が続くようになりましたね。

散歩しやすい時期になりましたが、ふたたび足を拭かなくては

いけない時期にもなりました。

さて今回から「犬のストレスを考えよう!」というタイトルで

シリーズで記事を書いてみたいと思います。

飼い主さんは自分のワンちゃんをよく理解しているつもりでも

ストレスサインを見落としていることは少なくありません。

それが飼い主さんの困った問題行動へと発展してしまうことも

あるのです。ワンちゃんの気持ちになってよーく考えてみましょう。


では、この季節に多くなるワンちゃんの困った行動、足が拭けない、

洗えないという問題について。

まず、ワンちゃんにとって、足先、しっぽなどは神経が過敏になって

いる場所ということを知っておいてください。

ならばそこを力を入れてぞうきんやタオルで拭いたり、片手で持って

水で洗ったりすると、私たちが思っている以上に痛みや不快感が

覚えるはずです。

特に臆病で神経質な部分のある犬は「嫌だ」というよりも「怖い」という

気持ちになりがちです。

一度でもそういうことがあると上記のようなタイプのワンちゃんは

自己防衛から足を拭かれたり、洗われたりするのを拒み始め、

うなる、噛み付くそぶりを見せる、 噛む、という行動を次第に

見せ始めます。

飼い主さんはそのような行動を反抗的だとして「だめ!」「こら!」と

叱って、 さらに無理やり続けようとすると、ワンちゃんはより攻撃的に

なることがほとんどです。それは飼い主さんへの優位性ではなく、

拭かれることに対しての恐怖心からなんですね。

そして攻撃すれば飼い主さんが止めると学習した

ワンちゃんは自信をもって攻撃するようになります。

だから飼い主さんにはワンちゃんがより反抗的に

見えてしまうのでしょう。

飼い主さんはそれくらい我慢しなさい、と思うかもしれませんが、

ワンちゃんにとっては拭かれる部分が敏感で、拭かれることに

慣れていないのに、いきなり力を入れて拭かれると、

かなりのストレスになってしまうはずです。

私たちも同じような状況に置かれれば 怖くなってしまいますよね。

そこで・・・・ワンちゃんが受け入れられるように、最初はソフトに

一本ずつ拭き、受け入れておとなしくしていれば、しっかり褒めて

そのつど おやつなどのご褒美を与えます。

それに慣れてくれば上記と同じ方法でもう少しきちんと拭くようにします。

ワンちゃんが少しでも嫌がる様子や不安な様子を見せたら、いったん

止めて、タオルの上を歩かせるだけにし、室内でタオルでソフトに

足を拭く練習をして慣れさせましょう。それを練習しながら散歩あとの

足拭きは一本ずつソフトに行っていきます。水で洗うのも同じ方法です。

大切なのはワンちゃんの行動をよく飼い主さんが観察してあげること。

あくびや鼻を舌でなめるなどの行動はストレスサイン(カーミングシグナル)

ですよ。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。