北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パピークラス(子犬のしつけ教室)って何?
2009年05月14日 (木) | 編集 |
お電話をいただく飼い主さんの多くは

6ヶ月くらいから1歳過ぎまでのワンちゃんを抱えた方で、

「吠えるようになってきたから」

「甘噛みが直らないから」というような理由でしつけ教室に

通いたいというお問い合わせをよく受けます。

パピークラス(子犬のしつけ教室)は予防接種を

終えた12週くらい~6ヶ月くらいまでの間の子犬が通う

クラス。

つまりこの教室は、まだ子犬が何も学習していないうちに

適切な方法で人間社会のルールやマナーをしっかり学習させる

ことが目的です。

困った問題に出くわしてから通うのではなく、

何も問題がなくいっしょに生活ができるように子犬を迎えたら飼い主が

適切に接する方法を覚えるクラス
です。

困った問題を抱えてしまったなら、問題行動の治療(カウンセリング)という

異なったが分野が必要となります。

問題が起こってしまってからでは、飼い主さんは犬の年齢次第で何倍も

努力しないと改善しませんし、時間もかかります。

犬との生活は最初が肝心!

問題行動が一番見え始め、飼い主さんが手を余すのは

自我が出てくる6ヶ月~1歳半まで(成犬になるまで)です。

子犬を飼い始めた飼い主さんはそうならないように

適切な方法で接してあげましょう。


6月初旬から高橋動物病院で新規パピークラスを開始します。

ご希望の方は是非ご参加ください(TEL011-811-1925)。



スポンサーサイト
犬のストレスを考えよう! その4 無駄吠えの原因
2009年05月06日 (水) | 編集 |
飼い主さんの犬の困った行動で最も多いのは、「吠える」ことです。

一般的に「無駄吠え」という言葉で表現されますが、

吠える行動にはいくつもの理由があります(その種類は次回

お話します)。それが原因で吠えるわけですが、

間接的な原因(ストレス)で起こる場合もあるのです。

「犬のストレスを考えよう!その2 犬の必要としていることとは?」

でお話しましたように、

犬が本来必要としていることを飼い主側が与えてあげないと、

そのストレスが異なった形で現れることがあります。


うちの住まいの斜め裏のお宅ではT.プードルを飼っています。

1度見かけたくらいなので、何歳なのか、オス、メスか、

どういう行動をするのかなどはわかりません。

が・・・・・このT.プードルは家にいるとよく吠えます。

飼い主さんが窓を開けると頻繁に吠えています。

冬は窓を閉めているので吠えていたとしてもこちらには聞こえませんし、

犬も外からの刺激がないので、吠えないのかもしれませんが、

お天気が良くなって窓を開けるようになると毎日吠え声が

聞こえてきます。

うちの幸太郎やご近所で飼っている犬たちもそれが気になって

吠え始めます。はっきり言って迷惑です。

この犬は子犬の頃からほとんど散歩(外に出る)をさせてもらっていない

ように思います。だから外の刺激(音や他の犬、人など)に敏感で、

吠えるのかもしれません。

もう一つは散歩させたり、家で飼い主さんがしっかり遊ぶ時間を

持たないから、そのストレスが原因でちょっとした外の刺激で

吠えていることも考えられます。

GWの休日、T.プードルはいつものように吠えていました。

でもお天気が良かったからか、今日は珍しく飼い主さんが

うちの横の空き地で犬を自由に遊ばせていました。

その時犬は全く吠えず、うれしそうでした。

その後、家に帰ってからもほとんど吠えていませんでした。

目いっぱいエネルギーを発散させて、満足したから

吠えないのかもしれません。

吠える問題行動を抱えている飼い主さん、

まず犬としっかり遊ぶ時間や運動をさせているかを

見直してみてください。

直接の原因でなくても、満たされれば犬は

そんなに激しく吠えないはずです。

「本能的に満たされている犬は問題行動は少ない」

と確実に言えると思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。