北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の吠える行動を考えよう!
2010年01月22日 (金) | 編集 |
犬の「吠える」行動は、

飼い主さんを最も悩ましている問題行動の一つですが、

問題を解決するには

まずこの行動は犬のコミュニケーションであり、

自然な行動だということを

理解してあげて欲しいと思います。

そして吠える行動には理由があります。

「・・・して欲しいよー」「怖いよー」などなど。

ご自分のワンちゃんがなぜ吠えているのか

その理由を考えた上でそれに合った対応が必要になります。

次回のバナスクさんでの勉強会 http://www.bsq.jp/top.htmlでは、

犬はなぜ吠えるのか、吠える理由、要因、対処の仕方

についてお話します。

吠える」行動で困っていらっしゃる飼い主さん、

飼ってすぐの飼い主さん、吠えないようにするためにと

考えていらっしゃる飼い主さんは、これから先のワンちゃんのとの

生活をより快適にするために是非ご参加ください。






スポンサーサイト
動物の福祉とは
2010年01月14日 (木) | 編集 |
皆さん、動物の「5つの自由(Five Freedoms)」

はご存知ですか。

これはRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)が掲げている

動物の福祉で、国際的に認められている動物の福祉基準です。

動物が幸せに暮らす権利が示されています。

1.飢えと渇きからの自由
  健康を維持するために水や必要な食餌を欠かせない
2.不快からの自由
  動物が心地よく休める環境を与える
3.痛み、怪我、病気からの自由  
  健康には気を配り、不調に気づいた時は速やかに処置する
4.動物本来の習性を制限されない自由
  動物の習性に適した環境(スペース、交流、遊びなど)を提供する
5.恐怖と抑圧からの自由
  動物を苦しめる状況は作らない

私たちが動物と幸せに共生していくためには

私たちが動物をよく理解し、必要としていることを

与えてあげることに他ならないと思います。

自分の目線で(人間という尺度で)、飼っている動物を判断する前に

習性を勉強し、5つの自由が提供できているかどうか

見直してみましょう。
冬は犬とのコミュニケーションを深めるチャンス!
2010年01月04日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます。

お正月はいかがお過ごしでしたか。

ワンちゃん、ネコちゃんも家族の一員。

いっしょに楽しく時間を過ごされたことを願います。


さて今年はもう少し時間を作ってブログの更新をしていきたい

と思っておりますので、よろしくお願いします。


年末から雪が降り続いて、しっかり積りましたね。

私にとって冬は犬との絆を深める季節であります・・・。

うちの犬は9歳とはいえ、投げたボールを拾って持ってくる遊びが

大好きなジャック・ラッセル・テリア。

積雪は何のその。逆に雪に隠れてしまうボールを

探すのが大好きで、探し当てては何度も持ってきて、

毎日エンジョイしています。

私はそういう犬の姿を見るのが好きで、

犬は好きな遊びをしてくれる飼い主が好き。

してくれるなら、何でも言うこと聞きますよーと

ボールを投げる前のコマンド(指示)には従順。

私は犬にはなくてはならないヒーローなんだ!

と遊びを通して感じています。


こういう時間をたくさん持つことで、犬との絆が

深まります。

外に出る機会が少なくなる冬だからこそ、犬の好きな遊びを

しっかりしてあげることが大切です。

と言っても、雪の中の散歩は犬のエネルギーを発散させるために、

また外の楽しさを維持してあげるためにも、

毎日(短時間でも)続けてあげて欲しいですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。