北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物の福祉とは
2010年01月14日 (木) | 編集 |
皆さん、動物の「5つの自由(Five Freedoms)」

はご存知ですか。

これはRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)が掲げている

動物の福祉で、国際的に認められている動物の福祉基準です。

動物が幸せに暮らす権利が示されています。

1.飢えと渇きからの自由
  健康を維持するために水や必要な食餌を欠かせない
2.不快からの自由
  動物が心地よく休める環境を与える
3.痛み、怪我、病気からの自由  
  健康には気を配り、不調に気づいた時は速やかに処置する
4.動物本来の習性を制限されない自由
  動物の習性に適した環境(スペース、交流、遊びなど)を提供する
5.恐怖と抑圧からの自由
  動物を苦しめる状況は作らない

私たちが動物と幸せに共生していくためには

私たちが動物をよく理解し、必要としていることを

与えてあげることに他ならないと思います。

自分の目線で(人間という尺度で)、飼っている動物を判断する前に

習性を勉強し、5つの自由が提供できているかどうか

見直してみましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。