北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よくある犬猫の問題行動
2008年08月22日 (金) | 編集 |
先に問題行動の定義を説明させていただきましたが、

実際よくある犬猫の問題行動にはどういうものが

あるのでしょうか。

私が飼い主さんの問題行動に直面して多いのは下記の通りです。

犬の場合
1.飼い主さんを噛む
2.来客やよその犬に吠える

猫の場合
1.室内でのマーキング(排泄場所以外での排泄)
2.同居猫への攻撃

犬の「飼い主さんを噛む」は、犬が飼い主さんに嫌なこと

(寝ている時に触る、足を拭く、ブラッシング、爪を切る、

シャンプーをする、おもちゃや骨を取る、など)をされる時に

噛む場合がほとんどです。

「来客やよその人に吠える」は、状況にもよりますが、

多くはなわばり意識や社会化不足による警戒心からが原因です。

猫の「室内でのマーキング」は不安からくる尿スプレーが多く、

「同居猫への攻撃」は多頭飼いでのなわばり意識によることが

ほとんどです。

飼い主さんの中には「うちの犬だけじゃないんだー」と思われるかも

しれません。

そうです。完璧な犬はいませんから、皆さん多かれ少なかれ

問題は抱えていると思いますよ。

でも・・・

せっかく犬猫と楽しく暮らそうと思って飼った家族です。

より絆を深めるために、解決法を探してみませんか。


犬の「飼い主を噛む」行動は犬がそうした時の飼い主さんの対応が

犬の行動を一層悪化させていることがありますので、

頻度や噛む程度がひどくならないうちに適切なアドバイスを

受けてみましょう。

それ以外の問題行動も飼い主さんの犬猫と向き合う気持ち次第と

言えるでしょう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
そうですよね。
うちにもねこと犬が同居していますが、それぞれは問題ないんです。
最近ソラがピートリを追いかける以外は。敵意はないんですが、キューきゅうるさいです。
だから、お散歩やトレーニングやおやつで気を紛らわせるんですが、昨日はおやつすら目にはいりませんでした。
かなりの筋金いりです(笑)
当の白ネコはしらんぷりなんですよ~。
2008/08/25(Mon) 16:17 | URL  | もか王 #-[ 編集]
こんにちは。
犬は時間をもて遊んでいる時や、他の犬と遊びたいのに遊び方を知らない(ソラ)場合は、他のことで欲求を満たそうとする傾向があります。
猫が相手しなければ犬はそのうち諦めるようになると思いますが、鳴いたり、吠えたりするのであれば、飼い主さんはそうさせないように努力することをお勧めします。自分の欲求があるときは他の状況でも吠えるようになるからです。
飼い主さんが呼んで来させても来ない、他の遊びをしてあげようとしてもしつこく鳴くのであれば、
「おわり」と言って、ひとりにさせる(キッチンのチャイルドゲート内に入れる)ようにしたほうがいいと思います。吠えると思いますが、完全無視をして静かになった時に出すように。
言うことを聞かないのであれば犬に学習させるためにも飼い主としてはっきりした態度を示すことも必要です。
2008/08/25(Mon) 18:22 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。