北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知育玩具をうまく使おう
2008年08月27日 (水) | 編集 |
私は知育玩具が大好きです。

仕事柄ということもありますが、新しい物があるとつい購入

してしまいます。

工夫がしてあると犬が喜んでくれる姿を想像して

ウキウキしてしまうんですねー。

そして何よりも私にとっていい意味で便利な道具なんです。

知育玩具は脳を刺激するので、犬猫の老化を防ぐにも

良いと言われているんですよ。

いろいろアイディアもあるので自分で開発したいくらいです(笑)。

うちのこうたろうはきつね狩りに使われていた捕食性のある犬種

(JRT)なので、動くものが大好き。

ボールの持って来いは得意だし、シャボン玉を追いかけるのも大好き。

できるだけいっしょに遊ぶようにしていますが、お留守番や

飼い主が家にいても忙しくて相手ができない時に、

この知育玩具が大活躍!ひとりで喜んで遊んでくれます。

一人の飼い主としても皆さんにこの知育玩具を活用することを

お勧めしたいです(猫にも)。

知っている方は多いと思いますが、お仕事を通しての経験上、

この知育玩具をうまく使いこなせていない人が多いなと感じます。

飼い主さんの中には「与えるけれど、うちの犬はあまり興味を持たない」

「遊んでもすぐに飽きる」という人も少なくありません。

でもどうやって興味を持たせるかなんですね。

知育玩具をうまく使いこなせるコツとして

・中に塗るタイプであれば、犬の鼻に持っていき、においをしっかり

嗅がせてから与えること。チーズなどにおいの強いものを

舐めにくい奥の方に塗ること

・中からおやつが出てくるタイプのものは、最初は出やすいように

小さなものを入れて、飼い主さんが転がしたり、投げてあげるなどして

使い方を教えてあげること

など、中に入れるおやつの工夫、使い方を誘導することが必要です。

知育玩具の代表はおなじみのコング。
硬いゴム状のものは歯にもいいんですよ。
知育玩具 001

私の大のお気に入りはトリーツボール。
知育玩具 003
知育玩具 004

ダンベルの形をしたものなど、今は他にも種類が出ています。
知育玩具 002

最近販売されている高度な知育玩具もお勧めです。
知育玩具2

犬種や性格によって、犬の好みも違います。捕食性の特性がある犬種

(コリー系、テリア系など)は動きがあるもの、動くよりも頭や嗅覚を

使うおもちゃのほうが得意の犬種(M.ダックス、ビーグル、

G.シェパードなど)はサーチ・ゲーム的な知育玩具を好みます。

それを見極めてあげるのも大切です。

知育玩具をうまく活用して、お留守番に慣れさせたり、

飼い主さんが相手できない時に構って欲しさに

噛む、いたずらするという行動を防ぎましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わぁ~~~これいいですよ~~。
我が家のわんこずも、大好きです。
ほとんど持っています。
トレーニングした後は必ず頭を休めて楽しめる知育玩具でおしまいにします。
そのほかに新聞紙におやつを包んで自分で取り出して食べる遊びとか、タオルにおやつを入れて遊んだりしています。
最後のおもちゃはちょっとお高いけれど、かじっても壊れませんし、思いがけない才能が発見させますよね。
最近はまっています、知育玩具。
2008/08/31(Sun) 20:34 | URL  | もか王 #-[ 編集]
もか王さん、こんにちは。
知育玩具、いいですよね。頭を使い、転がすものだと、運動もしながら好きなおやつもゲットできるのですから、犬にも猫にも喜んでもらえて飼い主としてはパッピー。
またお勧めのがあればご紹介しますね。
2008/09/02(Tue) 18:28 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。