北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“社会化”ではなく、“社会科”?????
2008年09月05日 (金) | 編集 |
私の東京にいる友人のまた友人のお話。

その人は2頭目のヨークシャテリアを探している飼い主さん。

彼女は1頭目のワンちゃんの社会化に失敗したと深く反省し、

2頭目は子犬の時からしっかり社会化すると

(注:子犬の一番大切な社会化時期は3~12週)

固く心に決めてブリーダーさんを探しています。

その人がブリーダーさんに電話して

「社会化はされていますか?」と質問すると

大抵のブリーダーさんから「母イヌと兄弟たちと一緒にいますよ。

他のこと?それは3ヶ月以上にならないとできません!!」

と言われてしまうとのこと。

終いには「学校の勉強ですか?!」と、

“社会化”ではなく“社会科”と勘違いしたブリーダーさんまで

出てくる始末だとか…。

というわけで、なかなか良いブリーダーさん、

子犬に出会えないでいるそうです。

ブリーダーさんのところにいる3週から子犬の社会化は

始まっているのにブリーダーさんがこのような認識では、

なかなか良い子犬は育たないですよね。

犬猫は物ではなく、命ある生き物なのですから

ブリーダーの責任として彼らを幸せにしてあげるためにも

しっかり勉強して欲しいと願います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。