北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス人の動物愛護精神 その1
2008年10月10日 (金) | 編集 |
こうたろうイギリス公園
公園でボール遊びを楽しむこうたろう。ちょっと一休み。

イギリスではだいたいどこの公園でも犬を放して散歩させています。

それは人に迷惑をかけないようにしっかりしつけがされているから

ですが、夏の公園でこうたろうを散歩させている時のこと。

休日は郊外の公園に連れて行き、自由に走らせ、いっしょに

ボール遊びをするのが日課でした。この日もこうたろうと私はボール遊びを

ひとしきり楽しんだ後、公園内の川が流れるそばを歩いていました。

そこには群れで泳ぎ、水浴びをしているたくさんのアヒルや白鳥が

いました。

こうたろうは捕食性の強いテリア。動くものを見ると追いかけようとします。

それを見たこうたろうはすぐさま追い払おうと追いかけ始めました。

こうたろうにとってみるとゲームです。

私はその行動を止めもせず、「またか。いつものことだもんね」

とのん気に見守っていたら、近くにいた親子連れの女性に

何やってるのとばかりに一喝されてしまいました。

「かわいそうでしょ。今は野生動物も減っているし、皆で

保護しないといけないんだから、止めさせて!」と。

私はそう言われて驚きましたが、よく考えてみると、

私が飼い主として無責任。

私は自分の犬が遊んでいるんだから(攻撃しているわけでもないし)、

いいやと思って止めさせず、野生動物のことまで考えていなかった

わけですから・・・。

「ソーリー(ごめんなさい)。」と謝ってこうたろうを呼び戻し、

その場を離れました。

この時身をもってイギリス人は犬猫の保護を考えているだけでなく、

野生動物の保護も深く考えているんだなあと動物愛護への

意識の高さを痛感しました。

彼らは周りの動物を保護し、共生していくのが人間の役割だと

思っているんですね。

そして、何が飼い主の責任か・・・。

これは自分の犬はしっかり管理すべきというイギリス人の

犬の飼い主への見方だということも思い知らされた一件でした。



こうたろうイギリス公園2
イギリスの公園。後ろがアヒルや白鳥がいる川
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど、そんな体験を・・・。
こうたろう君、やっぱり大きい(笑)
イギリスの方は、保護動物、伴侶動物、あらゆる動物への愛護精神をしっかり持っているんですね。
我が家はカラスを追いかけようと狙いのポーズをとるんですが、やられてしまうのでやめます。
こちらはゲームのつもりでも、やってはいけないことってありますね。
私も注意されて、自分で大いに反省しています。


2008/10/10(Fri) 14:46 | URL  | もか王 #-[ 編集]
そうなんです。イギリス人の動物愛護への意識は非常に高いですね。
そして、犬の飼い主さんへの見方も非常に厳しいものがあります。自由にさせてあげたいなら人には迷惑をかけないようにしっかりしつける。それが当たり前。だからこそ子犬の時からの社会化やトレーニング、問題行動が起こった時にはすぐに専門家に診てもらうということが一般化しているんでしょう。
私はお恥ずかしながら、犬の飼い主として甘かったと言えると思います。
こうたろう、大きいでしょう?親が大きかったもので(しっかり母犬を見ました!)、3週で見に行った時はすでに大きくなっていました。
2008/10/10(Fri) 18:02 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
はじめまして。
こちらもジャック飼いしてます(^_^)
イギリスは住んだ事がないけど毎年訪れています。
ジャック&イギリスの共通点に惹かれて拝見しました。
イギリスで犬と飼い主・社会との関わりを毎回目にするたびに意識の高さに感心させられています。
日本もイギリス(欧米に)少しでも近づけるといいなぁと思う今日この頃です。
2008/10/14(Tue) 12:51 | URL  | じゃっくっく #-[ 編集]
じゃくっくさん、こんにちは。こめんとありがとうございます。ジャックとの生活はいかがですか。
これからもイギリスの人と伴侶動物のかかわりをご紹介していきたいと思っていますので、お立ち寄りください。近々渡英する予定ですので、いろいろ記事にしたいと思っています。
そして日本の飼い主さんにも彼らと生活する楽しさを感じてもらえればと思います。
2008/10/14(Tue) 18:08 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
ジャックとの生活は満喫しています♪フリスビーが得意でキャッチが決まると意気揚々と戻ってきます。
近々渡英されるんですね。記事、楽しみにしています。↑のお写真はケンジントンパークかハイドパークでしょうか。見覚えのある光景です。
2008/10/15(Wed) 13:11 | URL  | じゃっくっく #-[ 編集]
じゃっくっくさん、フリスビーが得意ならいっしょに遊ぶのも楽しいでしょうね。ワンちゃんも毎日楽しみにしているでしょう。
記事の写真はハイドパークの公園に似ていますが、セント・アルバーン(St. Alban)というロンドンから少し北に離れた町にある公園です。ロンドン北部に住んでいましたので、お天気のいい日はちょっと足を延ばしてマーケットでの買い物+公園の散歩が日課になっていました。中世の景色が残った素敵な町です。機会があったら是非訪れてみてください。
2008/10/17(Fri) 10:50 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。