北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フレキシリードをうまく使えていますか?
2008年11月30日 (日) | 編集 |
いつも拝見しているブログの記事にフレキシリードのことが書かれて

いましたので、それについてもう少しお話したいと思います。

フレキシリードとはリードが伸び縮みし、飼い主さんが

ロックして長さをコントロールできるリードです。

延長できる最大の長さは12メートルくらい。

犬の大きさに合わせてリードの長さを選びます。

多くの人が使っているこのフレキシリードですが、

非常に危ない使い方をしている飼い主さんが多いように思います。

公道を歩いているのにロックせずに伸びきったまま歩いている、

ロックしているけれどその長さが長すぎて危ない。

車が前や後ろから来た時に何かの刺激で犬が突然道路側に

動いたり、飛び出したりしたらどうするのでしょう。

またフレキシリードをロックせずに、出くわした人と話し込んで

(犬のことを忘れ)、犬に急に引っ張られてリードを放してしまう、

もしくは飼い主さんが引っ張られて、ケガをしてしまう、

犬に当たってケガをさせてしまう。

このような飼い主さんをよく見かけます。

さらにロックが中途半端で、飼い主さんがロックしているつもりが

できておらず、犬に突然引っ張られてしまうなど。

フレキシリードは犬をリードの範囲で自由にさせてあげるのには

非常に便利なリードですが、反面うまく使いこなせなければ危険なリード

でもあることを常に頭に入れておくべきですよね。

そんな危険性を考えて、使いこなすためには

・公道は普通の布地もしくは皮製のリードを使って散歩し、
 広いスペース(公園など)では安全性を確認した上で
 フレキシリードに付け替える。飼い主さんはリードをしっかり持ち、
 延長できる範囲で犬を自由にしてあげる
・最初からフレキシリードにする場合は、リードを短くロックして
 (ロックできているかしっかり確認する)、
 公道を歩き、上記と同じように広いスペースでロックをはずす


という方法を飼い主さんにアドバイスしています。

ロックをはずして自由にする時もいつでもコントロールが出来るように

犬を監視するのはもちろん、ロックに手をかけておくことが大切です。


フレキシリードを使ってらっしゃる飼い主さんは、今一度

自分の使い方を見直してみて、事故にならないように

十分気をつけましょう。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さらに詳しい説明と危険性ありがとうございました。
あれ使ったことないので、正式名所がわからなかったんですが、「フレキシリード」っていうんですね。
ブログの方は訂正するの面倒なのであのままで・・。
とにかくあのリードを上手に使いこなしている飼い主さんをあまり見かけたことがありません。
御話し中での事故は結構あるんじゃないかな?と思うくらいです。
ありがとうございました。
ブログにも追記しておきます。
こちらに飛ぶように・・・。
2008/11/30(Sun) 13:42 | URL  | もか王 #-[ 編集]
もか王さん、こんにちは。
ブログでフレキシリードについて触れていただいてありがとうございました。兼ねてから気になっていたことの一つなので、もか王さんの記事がきっかけで、書くことが出来て良かったです。
ご老人がフレキシリードを延ばして使っているのを特によく目にしますので、大丈夫かと心配しています。
リードを使いこなすという管理するのもやはり飼い主の責任。
リードの仕組みを理解して危険性を常に忘れないで欲しいと願います。
2008/11/30(Sun) 20:11 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。