北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリス紀行 その3 人と犬の豊かな生活 -公園ー
2008年12月16日 (火) | 編集 |
私がイギリスで一番好きな場所、それは公園です。

人と犬が時間を共有する場所であり、

互いに楽しめるのが公園。

犬はリードなしで自由に走り回ったり、

飼い主さんといっしょに思う存分ボール遊びやフリスビーを

行う、そこで出会う人や犬と自由にコミュニケーションする、

そしてその中で飼い主と犬が絆を深める・・・

これこそが犬とのクオリティライフ、豊かな生活と

言えるのではないでしょうか。

でも・・・

言い換えると、犬が人に迷惑にならないようにマナーを

身につけ、しっかりしつけられているから
なんですね。

それは飼い主が自ら時間を割き、努力して得たものです。

犬とのクオリティライフ、豊かな生活を送るためには、

やはり飼い主さんがマナーを守り、犬に人間生活における

していいこと、いけないこと(マナー)を教える、

呼んだらいつでも戻ってくる(基本トレーニング)などを

教えることから始まるのではないでしょうか。

それぞれの飼い主さんがその意識で犬に向かい合えば、

日本ももっと私たちと犬が住みやすい社会になると

信じて止みません。

2008イギリス公園4 042
公園でリードオフで遊ぶ犬たち

2008イギリス公園3 038
広い公園で自由に走り回る犬

2008イギリス公園2 037
飼い主さんといっしょに遊ぶ犬


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。