北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の犬に合ったトレーニング法を選ぼう
2008年12月16日 (火) | 編集 |
最近テレビの番組でさまざまなトレーニング法が

紹介されるようになりましたね。

同じように異なった手法のトレーニング本やネットでの情報が

出回っています。

褒めて教える方法、天罰、肉体的苦痛で教える方法など。

だからこそワンちゃんにものごとを教えていくためにどの手法が

適切なのか、頭を悩ましている飼い主さんも少なくないのでは

ないでしょうか。

そこで私が飼い主さんにお願いしたいのは、

ご自分のワンちゃんにどの手法が適切か

よく見極めて欲しいということ
です。

トレーナーさんの手法はそれぞれ異なり、どれが良くて悪いのではなく、

自分のワンちゃんに合っているかどうかが大切だと思います。

日本で飼っている家庭犬は小型犬が多いですよね。

チワワ、トイ・プードル、M.ダックス、シーズー、ポメラニアン、

マルチーズ、パピヨンなど・・・。

同じ犬種でも外交的で温和な犬もいますが、内向的で臆病な

犬はよく見られます。

それらの犬に力づくで服従させるように子犬の時から

トレーニングすると、何事にも自信の持てない、臆病な

犬になってしまうかもしれません。

そしてそれが原因で自己防衛のために攻撃的な犬に

なってしまうかもしれません。

だから自信を持たせてあげるためにまず褒めてものごとを教えてあげる

ことが必要ですね。

一方柴犬や北海道犬、ラブラドールなど噛む力やパワーがある犬、

テリア系などのしつこい犬は扱いを間違えると人に

ケガをさせてしまうこともあるので、飼い主さんはしっかり

犬をコントロールできる手法を身につけておかなくてはなりません。

したがって飼い主さんはご自分のワンちゃんを十分に把握した上で、

適したトレーナーさんを選ぶことが重要だと思います。

そのためにはまず飼い主さんが犬とはどういう動物か、

自分が飼っている犬種がどういう特性があるかを勉強し、

行動をよく観察することが大切です。

私が犬のトレーニングをする上で最も大切にしていることは

その犬に合わせたトレーニング。

犬に服従をさせることだけがトレーニングではなく、

飼い主さんがけじめをつけながら犬の好きなことをしてあげることで

犬が飼い主さんを好きになり、互いの絆を深めていける

そういうトレーニングが好ましいと思っています。

基本はいいことをした時に見逃さずに褒めて教える方法ですが、

いけないことはしっかり注意し、時には厳しい態度も必要とします。

どの犬もいいところがあれば、飼い主さんから見て

困ったところもあるし、神経質で引っ込み思案な犬もいれば、

のんびりさんや逆に元気いっぱいの活発な犬もいる・・・

それをよく見極めていいところを伸ばして、いけないところを

抑制できればいいですよね。

そうすれば犬との良い関係が構築できると私は信じています。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。