北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主の責任Ⅱ
2009年01月30日 (金) | 編集 |
その船旅でのお話。(下の記事の続き)

今回はこのペットルームにいたのは幸太郎だけでしたが、

昨年往路では他に犬が3頭いました。M.ダックス、子犬の

トイ・プードル、そしてもう一頭は6,7歳に見える雑種。

どの犬もひとりに慣れていない様子で、鳴く、吠える。

同じ部屋にいる幸太郎にはストレスになってしまい、

かわいそうでした(こういうことがあるかもしれないと

心配していたんですが・・・)。

特に6,7歳の雑種はずっと吠えていて、

全くひとりに慣れていない様子。

ひとりに慣れていないのになぜ長時間の旅に連れてくるのか、

他の犬が迷惑じゃないかと、私は飼い主に腹が立って

仕方ありませんでした。

あまりにも吠えているので、私は外が見えないように

室内に置いてあった新聞紙を上から垂らして、外を見えないように

しました。そうするとしばらくしたら静かになったので、ひと安心ホッ。

しかし、驚いたのはどの飼い主も犬の様子を見に来ないこと。

私たちが2,3時間ごとに幸太郎を見に行っていた間には

どの飼い主もいませんでした。

その時たまたま会わなかっただけでなく、餌も与えていないし、

水もなく、ずっと来ていない様子。

心配でないのか、それとも会いに行くと飼い主もかわいそうに

思うし、犬も一層ひとりでいられなくなるからと思ったからでしょうか。

もし後者だとしても、犬がひとりに慣れていないなら、

放っておくにはあまりにも時間が長いのではないでしょうか。

これが初めての旅なら、犬には劇的過ぎる経験で、

トラウマになってしまうかもしれません。

ケージには2度と入らなくなってしまうかもしれません。

こういう飼い主さんは犬のストレスをどう考えているのでしょうか。

犬のことを真剣に考えているでしょうか。

飼い主なら、犬をよく理解し、彼らがストレスないようにすることを

よーく考えて欲しいものです。

そして、自分の行動が他の飼い主や犬にどう影響を

与えるのかも考えるべきです。

それが飼い主の責任なのです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。