北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬猫の飼育頭数の増加-犬の高齢化と猫の多頭飼い
2009年02月20日 (金) | 編集 |
「第15回(平成20年度) 全国犬猫飼育率調査」の結果が

発表された。

推計される飼育頭数は、犬が1,310万1千頭、猫は

1,373万8千頭で、犬猫合計では2,683万9千頭。

昨年度の犬猫飼育頭数合計2,552万6千頭に比べ

約130万頭の増加となった。

その中で7歳以上の犬は、全体の55.3%と昨年度から4.3%増加し、

犬社会の高齢化が進んでいる結果となっている。

一方猫は平均飼育頭数が増え、今年度の猫の平均飼育頭数は

1.84匹と、犬の1.39匹に比べ多頭飼いが目立っている。



犬は高齢化が進む中での健康管理、いかに楽しく

余生を過ごさせてあげられるか(クオリティライフ)が

今後のテーマになるでしょう。

猫は飼い主さんが責任を持った多頭飼育を心がけて欲しいと

思います。

ちなみにうちのコウタロウももう8歳を過ぎました。

病気一つなく元気で毎日ボールを追いかけていますが(さすがに

以前よりは体力は落ちましたが)、健康に配慮しつつ、彼の好きなことを

せいっぱいしてあげたいと思います。

ペットフード工業会「第15回(平成20年度) 全国犬猫飼育率調査」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。