北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多頭飼いへの条例改正
2009年03月15日 (日) | 編集 |
アニマルホーダーなど飼い主の無責任な多頭飼育が

問題になる中、滋賀県では4月1日より多頭飼いへの条例が改正される

ことになりました。

生後91日以上の犬猫を10等以上飼育する場合は

知事宛に届出が必要となります。

動物福祉を向上させるためにも、北海道でもこの条例改正を

いち早く導入して欲しいものですね。

---------------------------------------------------------


2009年4月1日 「滋賀県動物の保護および管理に関する条例」改正施行

滋賀県は、「滋賀県動物の保護および管理に関する条例」の改正施行する。

「滋賀県動物の保護および管理に関する条例」の改正施行では、多くの犬・猫を飼養する場合、飼い主が適正飼養しないことによって社会に大きな影響を与えることから、多頭飼養の届出を導入。生後91日以上の犬及び猫を滋賀県内にて10頭以上飼育する場合は、滋賀県知事(送付先:滋賀県動物保護管理センター)へ、10頭以上の飼養が始まった日から30日以内に届け出ることが必要になる。

届出書は、大津市(改正施行後、大津市保健所衛生課動物愛護担当に要問い合わせ)を除く県内の場合、滋賀県動物保護管理センターまで持参または郵送・ファックスにて受付。届出書は、同県ホームページ内からダウンロードすることができる。

滋賀県 http://www.pref.shiga.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。