北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題行動って何?
2008年08月21日 (木) | 編集 |
「問題行動」という言葉はよく使われていますね。

でも実際ペットの問題行動とはいったいどういうことを指すのでしょうか。

専門分野では「ペットの問題行動」とは「飼い主さんが困った

ペットの行動」のことを言います。

つまり、他の人から見て問題行動だと思っても、飼い主さんご自身が

自分のペットの行動を問題と思わない限り「問題行動」にはならない、

ということです。

例えば、先の記事に書いた‘散歩中にずっと吠えているシェルティ’は

飼い主さんが困った・・・と思わない限り問題行動にはならないんですね。

ところが・・・

私のように「うるさいなあ」と周りの人が迷惑して、本人に文句を言い、

その時飼い主さんが「それは困った・・・何とかしなければ」と

初めて問題に気づき、困ったならその犬の行動は問題行動

となるわけです。

従って、問題行動には2通りあります。

1.飼い主さんにとって直接問題となる行動
  例: 飼い主さんを噛む、お留守番ができない、
     排泄が決まった場所でできない、破壊行動など

2.社会において他人の迷惑になる行動
  例: 吠えて周りの人に迷惑をかける、飛びつく、
     他の人や犬に攻撃するなど

1の場合は、自分が我慢さえすれば・・・ということで問題を

そのままにしておく人も少なくありません。

しかし嫌なことをされたら飼い主さんを噛むワンちゃんは、

刺激さえあれば他の人や犬を噛む可能性も大いにあります。

落ち着いてお留守番ができないと、ご近所に迷惑をかけて

しまうこともあります。

2に関しては飼い主さんのモラルが大きく関係しますので、

その人によっては問題とは気づかない場合、

人に配慮がなければ気にしない場合もあると思います。

でもそれでは周りが困りますから、その飼い主さんに

気づいてもらうようしかないですよね。

1,2もそのまま放っておくのではなく、

ちょっとした飼い主さんの接し方で改善することは

ありますから、もう一度基本からみ直してみましょう。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2の場合は飼い主さんが「困った」と思わなければ難しいですよね。

ふみは外で知らない人間に飛びつくことはないのですが、保護犬たちは飛びついてしまうことが多かったです。
なので飛びつく前にオスワリをさせたり、マテをかけるんですが、この時一番困るのが人間側の行動で「飛びつかれると嬉しい」人がいることです。。
コマンドをかける前に相手が犬に接近してしまうと飛びついてしまうので、「すみません、この子トレーニング入れてるところなんで少し待ってもらえますか?」と言っても、「いや大丈夫だよ、気にしないから」と言われてしまうことも度々。。
日本の犬好きさんだけの問題なんですかね。
飛びついたら無視して欲しいんですけど。。

あ、記事リンクさせて頂きますね~
2008/08/22(Fri) 12:40 | URL  | ふみママ #amXlFcx2[ 編集]
そうですね。犬好きの方だとそういうこともありますよね。でも犬を落ち着かせるのにおすわりをさせ、向こうからは来ないようにおねがいするしかないですね。わからない人にはそう話しても、うまくいかない場合はありますが・・・。
2008/08/22(Fri) 18:29 | URL  | こうたろうママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。