北の国から犬猫と楽しく暮らすための「ヒント」を専門家がお届けします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬猫の飼育頭数の増加-犬の高齢化と猫の多頭飼い
2009年02月20日 (金) | 編集 |
「第15回(平成20年度) 全国犬猫飼育率調査」の結果が

発表された。

推計される飼育頭数は、犬が1,310万1千頭、猫は

1,373万8千頭で、犬猫合計では2,683万9千頭。

昨年度の犬猫飼育頭数合計2,552万6千頭に比べ

約130万頭の増加となった。

その中で7歳以上の犬は、全体の55.3%と昨年度から4.3%増加し、

犬社会の高齢化が進んでいる結果となっている。

一方猫は平均飼育頭数が増え、今年度の猫の平均飼育頭数は

1.84匹と、犬の1.39匹に比べ多頭飼いが目立っている。



犬は高齢化が進む中での健康管理、いかに楽しく

余生を過ごさせてあげられるか(クオリティライフ)が

今後のテーマになるでしょう。

猫は飼い主さんが責任を持った多頭飼育を心がけて欲しいと

思います。

ちなみにうちのコウタロウももう8歳を過ぎました。

病気一つなく元気で毎日ボールを追いかけていますが(さすがに

以前よりは体力は落ちましたが)、健康に配慮しつつ、彼の好きなことを

せいっぱいしてあげたいと思います。

ペットフード工業会「第15回(平成20年度) 全国犬猫飼育率調査」
マールカラーのチワワを登録禁止 ― 英国ケンネルクラブ
2009年02月12日 (木) | 編集 |
英国ケネルクラブは、マールカラー(同系色の明るい背景色に

暗いパッチの大理石模様のこと。ボーダー・コリーやシェルティなど

コリー系によく見られる)をした親犬から生まれたチワワの

子犬の登録を禁止することを決定したと発表している。

これはチワワのマールカラーは同犬種の自然な色ではないこと、

健康に問題がある可能性がある(特に親のマール遺伝子が2つ

重なると生存率が低い、難聴などになりやすい)ということから、

スムースコートとロングコートのチワワ両方を対象に、

マールカラーの親犬から生まれた子犬の登録を禁止するというもの。

英国ケンネルクラブは犬の健康をさらに強化していくためにも

全犬種のスタンダード見直しを開始しており、

英国で最も人気の高いラブラドール・レトリバーは

起こりやすい肥満、股関節形成不全(股関節形成異常)を

防止するために、もともと鳥猟犬として仕事をする機能を

維持した体をスタンダードとしている。

この新規定は2009年Cruft(世界最大のドッグショー)

で採用される予定。

http://www.thekennelclub.org.uk/item/2234/23/5/3

--------------------------------------------


英国ではパピーファームなどの悪徳繁殖業者が増えつつあり、

無理な繁殖から健康や行動に問題がある子犬も出てきて

います。

その背景から、絶対的権力を持つケンネルクラブが

スタンダードを見直すことに至ったようです。

そこまでには各動物愛護団体や専門家の

押し上げがあったに違いありません。

犬種のスタンダードを決めているケンネルクラブが

それを見直せば、英国のように自ら足を運んで

子犬を選ぶのが普通の国では、まず消費者がその基準で

子犬を選ぶようになるでしょうし、それに合わせて

ブリーダーも繁殖を考えざるを得なくなるでしょう。

日本でもマールカラーのチワワが出てきています。

日本のケンネルクラブもそこまで考えて欲しいものですね。


しっぽの会 ケアトレーニング開催
2008年09月10日 (水) | 編集 |
しっぽの会で保護されたワンちゃんを対象に

基本的なトレーニングなどを行います。

楽しくトレーニングを行うことで、犬とのコミュニケーションを

深めてみましょう。

今回初めての試みです。

ご興味のある方は先着順ですので、早めに

お申し込みください。

但し、問題行動を抱えているワンちゃんや、他の犬、人に過剰に吠える、

噛み付く傾向にあるワンちゃんは他のワンちゃん、授業の妨げになって

しまいますので、個人的にご相談ください。


【 ワンちゃんとのコミュニケーションを楽しもう! 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。